食物繊維net > 基礎知識 > 食物繊維は消化酵素で消化できない成分

食物繊維は消化酵素で消化できない成分

食物繊維は人間の消化酵素では消化できない成分です。定義としては:「ヒトの消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体」となっています。

今でこそ、重要視されていますが、以前は消化できない食べ物のカスとして扱われ、食品としても軽視されてきたのが現実です。ところがそれも変わってきました。

食物繊維の効果

食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにしたり、糖分の吸収を穏やかにする、コレステロールの吸収を阻害するといった働きがあります。これは水溶性食物繊維の働きですが、もう1つのタイプ、不溶性食物繊維(水に溶けないタイプ)の働きは便のカサを増して、便秘を解消したり、腸壁を刺激して腸の運動(ぜん動運動)を促すといった役割もあるのです。

水溶性食物繊維はバナナやリンゴなどの果物や、寒天、こんぶ、わかめなどの海藻類に多く含まれています。逆に不溶性食物繊維はいも類や穀類、豆類やきのこ類に多く含まれています。

大切なのはどちらでもいいから多く摂取することではなく、バランスよく摂取することです。特に便秘の人は注意して下さい。