食物繊維net > 基礎知識 > 食物繊維はとりすぎても良くない

食物繊維はとりすぎても良くない

食物繊維のとりすぎは避けるべきでしょうか?

答えは「イエス」と「ノー」なんです。

どういうことなのか、もう少し詳しく見てみましょう。

食物繊維の過剰摂取

食物繊維のとりすぎがよくないと聞いたことがあるでしょうか?実は食物繊維はとればとるだけ良い・・・というわけではないのです。あまりにも多く食物繊維をとりすぎてしまうと今度はビタミンやミネラルといった栄養素を吸収してしまうことがあるのです。

便秘解消にとあまりにも意識して摂取してしまうのも問題になるかも知れません。

しかしながら、自然の食品に含まれる食物繊維にも限度があります。それらを食べ過ぎたところで、食物繊維のとりすぎになることはまずありません。

ただし、問題になってくるのはサプリメントなどによる食物繊維の過剰摂取です。小さなタブレットなどに多くの食物繊維が入っているタイプもありますが、そういったものは多く摂取することも可能ですので、摂取した量などは把握しておく必要があります。

例えば便秘改善のために食物繊維を摂取していたつもりが、逆効果だったという場合も中にはあります。便秘にもタイプがありますが、それらについては他でご紹介します。