食物繊維net > 便秘改善 > 食物繊維のとりすぎで便秘がひどくなるケース

食物繊維のとりすぎで便秘がひどくなるケース

食物繊維にとりすぎってあるのでしょうか?それで便秘がひどくなることって?

便秘になるとまず食物繊維を思い浮かべるかも知れません。確かに日本人は食物繊維が不足しています。女性は特に不足している傾向にあるようです。無理なダイエットや食事制限などをしている人は尚更です。

食物繊維で便秘がひどくなる

さて、食物繊維をとりすぎたからといって便秘がひどくなるケースというのは殆どないはずですが、そうなる場合もないわけではありません。

1つがサプリメントなどで摂取している食物繊維が過剰になってしまい、それに加えて水分が不足している場合。便秘の方の場合は1日にどれくらいの水分を摂取しているのかを計って欲しいのです。

その合計量が少なくとも1.5リッターを超えるように調整してみましょう。水分はカフェインを含むコーヒーやお茶などよりも水又は麦茶などでとることをオススメします。

次に食物繊維のとりすぎで症状が悪化するのがけいれん性便秘と呼ばれるものです。けいれん性便秘はストレスなどが原因で腸がけいれんを起こしてしまって便秘になるもので、この場合食物繊維をとりすぎると腸を刺激して症状が悪化することもあります。