食物繊維net > 効果 > 食物繊維は血糖値の上昇を抑制する

食物繊維は血糖値の上昇を抑制する

食物繊維は今では注目される成分の1つになりましたが、それまでは食べ物の不要なカスとして認知されてきました。ところが、様々な研究によってその効果が色々と分かってきたのです。

食物繊維の血糖値に対する効果もその1つといえます。

食物繊維のタイプと血糖値への効果

さて、食物繊維にも2つのタイプがあることはこれまでにもお話してきましたが、この血糖値へ影響を与えるのは水溶性食物繊維(SDF)と呼ばれるタイプです。

水溶性食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑制してたり、コレステロールの吸収を抑制するという働きもあるのです。また、水分を含んで便をやわらかくするなど便秘改善効果もあります。

そのため、特定保険用食品として認められた食物繊維を含む製品も発売されています。しかしながら、最終的には生活習慣の改善が必要であり、食物繊維だけで問題を解決することはできないと考えておきましょう。