食物繊維net > 効果 > 食物繊維がダイエットに効く理由

食物繊維がダイエットに効く理由

食物繊維といえば、以前は食べ物のカスとしてあまり重要視されていませんでした。ところが、今では便秘の改善、腸内を掃除してくれる効果や様々な生活習慣病にも効果があることが様々な研究から分かってきました。

では食物繊維はダイエットに効果的なのでしょうか。今回はその辺について考えてみたいと思います。

食物繊維とダイエット

無理な食事制限などを続けると、便通が悪化し、便が固くなってしまうことはよくあると思います。食物繊維はダイエットにありがちな「便秘」を改善してくれる効果があります。

食物繊維とは人間の消化酵素では消化できない成分ですが、ダイエット食品としても注目されてきたのには理由があります。

まずは、食物繊維自体がノンカロリーであること、食物繊維を多く含む食品はカロリーが少ないことが多いのですが、ダイエットの基本は摂取カロリーを消費カロリーより少なくすること。それを考えても食物繊維を多く含む食品を摂取することは効果的です。

また、食物繊維は水を含んで膨れるために満腹感も得ることができますので、食べすぎや間食もある程度抑えることができます。実際にアメリカで行われた研究では食物繊維を多く摂取することで空腹が解消され、体重が減少するといった結果も出ています。

日本人の平均的な食物繊維摂取量は15グラム。女子大生を対象に行った調査では10グラム以下でした。ダイエットをしている方の摂取量も少ないことが簡単に想像できると思います。

ただし、食物繊維だけを摂取すればいいのかというとそうでもありません。何事もそうですが、やはりバランスが大切。サプリメントなどで過剰に摂取し続けると下痢を引き起こしたり、栄養不足になることもありますので注意が必要です。