食物繊維net > 効果 > 食物繊維には水溶性と不溶性がある

食物繊維には水溶性と不溶性がある

これまでのおさらいのような形になりますが、食物繊維には水溶性と不溶性があります。水溶性は水に溶けるタイプの食物繊維、不溶性は水にとけないタイプです。

それぞれに働きが少々違ってきますのでもう少し詳しく見てみましょう。

水溶性と不溶性

さて、食物繊維にも2種類あるとご紹介しました。水溶性食物繊維 (SDF : soluble dietary fiber) と不溶性食物繊維 (IDF : insoluble dietary fiber) です。

水溶性食物繊維はペクチン、グアガム、アルギン酸、カラギーナン、グルコマンナンなどがあります。主な働きとして知られているのが、コレステロールの吸収を抑制する効果、ブドウ糖の吸収を穏やかにする効果などです。

不溶性食物繊維にはセルロース、ヘミセルロース、リグニン、イヌリンなどがありますが、こちらは便の量を増やしたり、腸内環境を改善する効果があると言われています。いずれにしても便秘を解消したり、肥満対策にもなるとして、人気は高まってきました。