食物繊維net > 基礎知識 > 食物繊維、摂取量の目安とは

食物繊維、摂取量の目安とは

日本人の食物繊維摂取量は大人1日の平均で15から16グラム程度と言われています。しかし、厚生労働省の日本人の栄養所要量では「食物繊維の摂取量は成人で20〜25gとすることが望ましい。」とあります。

食物繊維の摂取量と不足分の補い方

日本人の食物繊維摂取量は5から10グラムも不足していることになります。さらに、驚くべきことに女子大生を対象とした調査では1日の食物繊維摂取量はなんと10グラム以下であったという結果も出ています。

これでは圧倒的に食物繊維が不足していることになり、便秘にもなってしまいます。食物繊維といっても大きく分けて不溶性食物繊維と水溶性の2つがあります。これらを出来ればバランスよく摂取したいところです。

さて、不足した10グラムの食物繊維。どうやって補えばよいのでしょうか。

例えば便秘に悩んでいる方などはサプリメントを上手につかうとよいでしょう。もし、余裕があれば(時間的な余裕があれば)食生活の改善をしてゆくことが一番です。

今の日本人の食事は消化によいものばかりを好むようになりました。食物繊維は人間の消化酵素では消化できない成分です。昔の日本人はそういった食物繊維が豊富な食事を食べていたのですが、今はそれも変わってしまいました。

まずはあなたが食べている食事の中に下記のようなものがどれだけ含まれているかを考えて見ましょう:

@穀類、Aいも類、Bきのこ類、C豆類、D海藻類

上記はすべて食物繊維が豊富に含まれています。